宅建登録実務者講習

2日連続で宅建登録実務者の講習を受けてきました。
 
物件の調査方法や契約書の作成方法などをていねいに教えてもらえたので、なんとなく実務のイメージをつかむことができました。自分で宅建業を営む予定がなくても、行政書士として免許申請を依頼されたときなどに役立つのではないでしょうか。
 
試験の勉強をしたときにはいわゆる「テキスト」を読まなかったので、法令上の制限などについても、この講習でようやく基本的なことが理解できたような気がします。
 
また、契約関連を中心に民法の復習をすることもできました。民法についての講義を受けるのは初めての経験なのではないかと思いましたが、よく考えてみると大学生のころにずばり「民法」という講義がありました。ただ、その内容はほとんど覚えていません。
 
2日目の終わりに受けたテストに合格していれば登録ができるようです。
 
発表はいつなのか調べていませんが、春ごろには取引主任者を名乗れるのではないでしょうか。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です