担当士業とネームプレート

八王子の税務署へ行くと、敷地内に税理士さんの一覧を表示した看板が立っています。法務局へ行くと、登記簿(登記事項証明書)を発行してもらう階に司法書士さんの一覧があります。そして、ハローワークは社労士さんなのだそうです。
 
2年前の今ごろはハローワークで仕事を探していたのですが、そのときはまったく気がつきませんでした。ちなみに、法務局には土地家屋調査士さんのプレートもあるようです。いわれてみると、司法書士さんと並んでいたような気もします。
 
このような感じで、普段はあまりネームプレートを意識することがありません。しかし、日ごろから掲げておけば、その窓口での手続きで困ったときに、どの専門家に相談したらよいのかがわかって便利です。
 
各士業の違いというのは、一般の人たちにとっては、わかりづらいものがあります。中でも行政書士はとくにイメージがつかみにくいでしょうから、このサイトでも表にして説明しています。
 

各士業が扱う業務

窓  口 扱う分野 担当士業
裁判所 裁判 弁護士
法務局 登記・供託 司法書士
税務署 税金 税理士
年金事務所・労働基準監督署 社会保険・労務 社労士
その他 その他 行政書士

※あくまでもイメージです
 
それでは、行政書士はどこにネームプレートを設置するのかというと、これはどうも市役所になるようです。書類の提出先から考えたら都庁なのでしょうが、一括して何千人も並べるわけにはいかないでしょうし。
 
すでにいくつかの支部では市役所(区役所)に設置しているようです。八王子支部もいずれはそうなる可能性があります。しかし、名前が羅列されているだけでは、その中から相談相手を選ぶのは難しいでしょう。そうなると、支部の代表に連絡をして、その分野が得意な人を紹介してもらう形になりそうです。
 
そう考えると、名前を載せてもらったところで、直接的には仕事につながりそうもありません。ただ、先述したように、「市役所での手続きに困ったら、行政書士に相談すればいいのか」と考えてもらうきっかけにはなるでしょうから、それだけでも設置する価値はあるのかなと思っています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です