誰がために……

ようやく「宅建業」の解説に手を着け始めました。
 
まずは全体の構成を決めておいたほうがよかろうということで、東京都の不動産業課が出している「宅地建物取引業免許申請の手引」を参考に、簡単な流れを作ってみました。ようは目次を作るようなものです。
 
同業者のサイトをいくつかのぞいてみたところ、やはり手引を参考に作っているところが多いようです。ですから、たんに手引を解説するだけでは、ほかのサイトと勝負をしていくのは難しいでしょう。
 
とはいえ、とくに策があるわけでもないので、とりあえず手引の最初に載っている表を作ってみました。だいたい、どのサイトにも載っているものです。

宅地建物取引業とは

区  分  自己物件   代  理  媒介(仲介)
売  買
交  換
貸  借 ×

 
この表は、宅建業を始めようとしている人にとっては当たり前のことを説明しているだけです。ただ、一般の人が見てもよくわからないのではないでしょうか。
 
この説明をどこまでするべきなのか考えているうちに、そもそも誰に向けての解説なのかをきちんと設定していなかったことに気がつきました。
 
もちろん、宅建業を始めようとする人に読んでもらうのが目的ではあるのですが、現実的に最も多い読者は同業者でしょう。私も他人のサイトを参考にしていますし。しかし、この人たちに向けて解説しても意味がありません。
 
次に多いのは私の知人でしょうか。完成したらfacebookに「シェア」するつもりですし。こちらも同業者が多いものの、一般の人もけっこういます。ただ、宅建業に興味を持っている人は思い当たりません。
 
まあ、知り合いが暇なときに読んでくれたらアクセス数は上がりますので、「一般の人にもわかりやすい解説」を心がけていこうと思います。ただ、あまり凝りすぎると深みにはまってしまいますので、そこは気をつけないといけません。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です