支部とのつながりについて考える

本日は午後から八王子支部の新入会員向けオリエンテーションが開催されます。
 
私も昨年は新入会員として、先輩方の前で挨拶をしました。でも、どんなことをいったのかは、まったく記憶にございません。あれから一年が経ち、少しは成長したような気もしますが、冷静に数え上げてみるとそれほど仕事はしていないような気もします。
 
新入会員に具体的なことを教えられるほどの経歴はないものの、「入会を歓迎している人がこれだけいますよ」というのを伝えるためには人数が多いほうがよいでしょうから、私も堂々と参加させていただきます。
 
思い出してみると、昨年のオリエンテーションでは、私と同じように挨拶した人が10名ほどいたはずです。しかし、最近では、支部の集まりで顔を合わせるのは2、3名になってしまいました。支部の活動とは距離を置いて独自にやっている人もいれば、開店休業状態の人もいるようです。「仲良しクラブではない」とはよくいわれるものの、「同期」としては少し寂しいものがあります。
 
資格を取って開業するくらいですから、組織に縛られるのを嫌う人が多いのも事実でしょう。私もどちらかというと自分の好きなように動きたいタイプではあります。ただ、一人で仕事をしていると不安になることもありますので、定期的に支部の集まりがあるのはありがたいことだと感じています。
 
今は先輩方を頼ってばかりですが、いつかは新しく開業した人にいろいろと教えられるような存在になりたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です