スクーターを出さないKawasaki

新しい営業用車両はHONDAのPCX125というスクーターです。
 


 
4台目のバイクにして、初めてのホンダです。今回は「125cc以下のスクーター」という条件があったので、カワサキから選ぶことはできませんでした。もしもカワサキからスクーターが出ていたら、たとえ性能的に劣っていたとしても、そちらを選んでいたかもしれません。
 
では、それほどKawasakiが好きなのかというと、これはまさにそのとおりです。高校生のころからZに憧れ、これまでKawasaki一筋でした。
 
最近まで乗っていたのは、250TRという空冷単気筒です。
 
Zじゃない……

 
ゆっくりでも気持ちよく走れる良いバイクでした。ただ、仕事用とするにはやはり無理があったようです。
 
開業前まで乗っていたのは、Z750Sという水冷4気筒でした。
 


 
2005年の5月に初期型を予約して買いました。8年くらいブランクがあったうえに初めての大型だったので、カタログを見比べて乗りやすそうなやつを選んだ思い出があります。見た目はそれほど好きでもなかったのですが、なかなかパワーのあるやつでした。
 
そして、初めてのバイクはGPZ400Fという空冷4気筒でした。
 


 
2年連続で北海道へ行った相棒です。2年目は帰りに転倒してしまい、写真2枚目の渡波駅から列車に乗って帰ってきたのですが……。
 
こんな感じでKawasaki一筋だったのですが、ついに楽なほうを選んでしまいました。なんとなく負けた気分です。
 
ちなみに、原付二種を選んだのは、八王子バイパスの料金設定がこんな感じだからです。
 


 
1回につき220円の節約になるので、それを貯金していつかまた大型バイクに乗りたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です