ヒルフェ八王子地区街頭無料相談会2012秋

土曜日の行政書士会八王子支部に続きまして、日曜日はヒルフェ八王子地区による街頭無料相談会が行われました。
 


旧長崎屋の7階へ備品を買いに行ったついでに。午前中はまだ雨が残っていました。
 
「成年後見支援センター」主催の相談会ではあるものの、成年後見制度を意識している人はまだまだ少ないのが現実のようで、それに絞った相談会を開いてもなかなか人が集まりそうにありません。そのようなわけで、のぼりを作成する際には「遺言・相続」も合わせて注文しています。
 


じっさい、相談のほとんどは「遺言・相続」に関するものでした。
 
テントの前で呼び込みをしていると、「遺言・相続・成年後見」の文字を見て、「うちには関係ないから……」とおっしゃる人がたくさんいます。しかし、相続の手続きと無縁のまま一生を終える人は少ないはずです。
 
また、「遺言」に関しては、いまだに「縁起が悪い」という印象を持っている人がいるようです。
 
我々が食べていくためにも、そのようなイメージを変えていく必要があるでしょう。ただ、電車の中吊り広告などでたまに見かける、「相続=もめる」のようなあおり方には、なんとなく違和感を覚えます。それに対して、今回のように地域のイベントに参加して地道に訴えていくのは、行政書士らしくてよいのかなと感じました。
 
これからも、八王子でコスモス色ののぼりを見かけたら、気軽に声をかけてみてください。ほとんどの会員は、親切に受け答えをしてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です