震災対応セミナーに参加しました

10月17日からの3日間、東京ビッグサイトで危機管理産業展が開催されています。その中に震災対応セミナーというものがあったので参加してみることにしました。
 


 
なんとなくビッグサイトは恵比寿あたりにあると思っていたのですが、調べてみたら大崎よりもさらに先でした。八王子からは昼間でも1時間半くらいでしょうか。片道800円はします。勢いで申し込んではみたものの、場所を知って行こうかどうかちょっと迷いました。
 
しかし、プログラムの中に「建設業におけるBCP策定のポイント」という講演があったため、ちょっとがんばって東京の端まで行ってみることに。
 
午前中はお客様と打ち合わせだったこともあり、国際展示場駅に着いたのは、開会式の始まる13時20分ごろでした。ビッグサイトまでは迷わなかったものの、会場の中でかなり迷ったため、最初の講演は15分くらい聞き逃してしまいました。まあ、最悪の場合は、15時から始まるBCP策定のポイントだけ聴ければよいかなと考えていたもので。
 
しかし、考えてみると、序盤の講演がもっとも重要だったのかもしれません。なにしろ、東北の建設業者さんが震災時にBCPを活用した事例を解説してくださるという、現場の声を聴くまたとない機会でしたから。実際に活用している分、3月のフォーラムよりさらに貴重だったのではないでしょうか。
 
もちろん、目的の講演も内容の濃いもので、いろいろと勉強させていただくことができました。まだまだ研究が必要ですが、いつかは手がけてみたい業務です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です