入力デバイスあれこれ

iPadのタッチパネル式キーボードでは長文を打つ気になれないので、キーボードを兼ねるカバーを購入してみました。
 


実際にこのキーボードで入力したのは2段落目くらいまでです。
 
まだ使い慣れないものの、タッチパネル式に比べるとはるかに使いやすいのはたしかです。数字キーも付いていますので、わざわざ切り替える必要がありません。Fキーでの変換ができるとさらに便利なのですが、さすがにそこまでは望めないようです。
 
ちなみに、Macで入力するときには、わざわざワイヤレスのキーボードを利用しています。ノート型の場合、本体の上に手を置いておくと、熱くなってしまう印象があるもので。
 


 
Macといえば、かつてはワンボタンのマウスがWinPCとの違いを主張しているように感じられたものでした。しかし、最近は右クリックもできるようになっているようで、なんとなく寂しさを感じます。
 
そんなわけで、1年以上前からMagic Trackpadというものを利用しています。2本指で右クリック、3本指でドラグなど、操作はやや複雑ですが慣れればかなり便利な装置です。
 


4本指まで認識します。
 
そういえば、デスクトップ型を使っているときは、ケンジントンのExpertMouseという製品を愛用していました。これはこれでなかなかおもしろかったです。
 

何かの映画で、ハッカーみたいな人がトラックボールを使っているのを見て影響された思い出があります。
 
ちなみに、ノートパソコンなどの盗難防止ワイヤーを装着する穴の横にある「K」の文字は、「ケンジントンロック」の頭文字だったような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です