マックに新商品2012秋

iPad miniの陰に隠れて、いろいろと発表されました。
 
まずは、iMacから。こちらはひさびさに筐体も新しくなりました。5mmのエッジが強烈な印象を与えます。しかし、中央部分にはけっこう膨らみがあるようです。真横からの画像が少ないのはそのせいでしょうか。画面もRetinaではなく、いまひとつな感じが否めません。
 
また、記憶装置があいかわらずHDDというのも疑問です。MacBook AirのようなBladeSSDにすれば、全体の厚さを8mmくらいにできたのではないでしょうか。まあ、動画をいじる人には大容量HDDのほうがよいのでしょうが。
 
Mac miniは、あいかわら中途半端な感じです。クアッドコアのCPUが選べるようになったものの、グラフィックスがオンボードのみになってしまいました。私のAirには一世代前のグラフィックスが搭載されているのですが、画像にフィルタをかけたときなどにつらさを感じます。miniにそこまで求めてはいけないのでしょうか。
 


 
MacBook Proの13inchには、Retinaディスプレイのモデルが追加されました。15inchと同じように、通常モデルよりも薄くて軽い筐体になっています。しかし、こちらもグラフィックスはオンボードのみのようです。
 
総合すると、現行では15inchのRetinaモデルに一番そそられるのですが、たまに持ち運ぶことを考えると価格的に足踏みしてしまいます。映画『ドラゴン・タトゥーの女』の中でも、持ち運んでいるときにBookProを壊してしまう場面がありましたし。
 
まあ、現実的に考えると最初から手が出ないのですけれど……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です