二代目看板制作日記01

初代看板の表面がはげてきたので表面を水研ぎしていたら、水を吸って柔らかくなっていたひょうたんに穴を空けてしまいました。
 


7月半ばのことでしたろうか。中に骨組みをして補修することも考えましたが、思い切って新しいものを作ってみることにしました。
 
アクリル板の間に何色かの紐を挟んで文字と図柄を並べることを考え、まずは材料をいろいろ買ってきました。
 


懐かしの初代営業車です。
 
イメージはなんとなく頭にあったものの、実際に図案を作ってみたのは材料を買った後でした。
 


わりと簡単に決まったように記憶しています。紐を用いての文字では細かい部分まで再現できないでしょうから、フォントなどにはあまり気をつかいませんでした。
 
この紙を下に敷き、文字をなぞってアクリル板の上に紐を貼り付けていこうとしたのですが、細かい部分は紐の切り口がほどけてしまってうまく表現できません。仕方がないので計画変更です。
 
まずは文字などを紙から切り抜きます。
 


この作業については、以前の記事でも触れています。
 
切り抜いた用紙がこちらです。
 


どうしても文字の内側が抜けてしまいます。
 
この紙を裏からあてて、白いプラスチックのような板に鉛筆で複写していきます。
 


抜けてしまっている部分は適当に。
 
そして、鉛筆で黒く塗った部分を切り抜いていきます。
 


切り抜く前の写真を撮り忘れました。
 
刃をまっすぐ入れられないため、反対側は文字が細くなってしまいます。
 


もちろん、こちらが表面です。
 
ヤスリを使って文字を読みやすく。
 


だいぶそれらしくなったのではないでしょうか。
 
こんな感じで来週に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です