行政書士ならではの成年後見を考える

以前の記事にも書きましたが、八王子市には経済的に苦しい人でも成年後見制度を利用できるような助成制度があります。そして、事情があって家族が後見人になれない場合などに、第三者後見人の候補者としてヒルフェの会員に話が来ることもあるようです。
 
後見人を必要としながら経済的な事情で申立の手続きができない人は、これからも増えていくことでしょう。八王子市が予算の面でいつまで耐えられるのかという不安はあるものの、今後も市が援助してヒルフェ八王子地区の会員がそれに協力していけるのであれば、業務としても現実的なものになりそうです。
 
考えてみると、役所とやり取りをしながらあれこれと手続きを進めていく仕事は、まさに行政書士にうってつけといえるのではないでしょうか。


 
成年後見基礎研修の最終日に、私が「成年後見業務において行政書士が他士業より優れている点はあるのか?」という質問をしたところ、ヒルフェの担当者は返答に困っていたように感じられました。しかし、八王子市以外でも同じような連携がとれるのであれば、行政書士が成年後見の世界で存在感を示すこともできそうです。
 
現時点では、成年後見について相談できる専門家として八王子市のHPに載っているのは、「弁護士、司法書士、社会福祉士」と「税理士」です。
 
家庭裁判所への働きかけも大切なことなのでしょうが、まずはなじみ深い市役所と組んで実績を積み上げていくというのも、一つの手なのではないかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です