岩手で講演を聴き考える

岩手大学で開催された電話相談関連のシンポジウムに参加してきました。
 


 
今回は被災地を中心とした報告を聴くことができました。3.11から2年近くが経過し、最近では震災の話題を耳にすることがめっきり少なくなっています。しかし、現地東北の人たちからは、「まだまだ復興は終わっていない」ということばを聴きました。
 
もちろん、私も頭ではわかっていたつもりですが、震災直後にはたしかに持っていたはずの当事者意識が薄れてしまっていたようで、いつの間にか他人事のような感覚になっていたような気がします。
 
原発賠償の相談員なども担当し、なんとなく復興支援を手伝っている気になっていましたが、始めた当初に比べると、だいぶ気が緩んできていたようです。せっかく岩手まで来たのですから、これを機に気を引き締め直していこうと感じました。
 
また、社会から孤立してしまっている人たちの問題は、震災前から日本全国を覆っていたものであり、こちらの支援を無視して防災設備などを整えるだけでは、真の意味での復興はあり得ないとのことでした。
 
超高齢化や格差など、社会的な問題は山積みですが、次の選挙で政権を握る人たちも、そのあたりのことを意識して復興に取り組んでいってもらいたいいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です