クリスマスでも更新する

もともとクリスマスにはそれほど思い入れがないものの、やはりそこは3連休ですから、できればゆっくりしたかったところです。
 
土曜日は朝から福祉系の電話相談でした。雨が降っていたせいか、ひさびさに重たい感じの電話を受け、半日だけでもけっこう疲れてしまいました。15時過ぎに帰ってきて、翌日のブログを書いてから年賀状を何枚か。
 
日曜日は朝から原発賠償の電話相談です。しかし、私は1本も相談を受けることができませんでした。午前中にかかってきた1本目はもう一人の担当者が受け、2本目は私が昼食をとっている間にかかってきました。それきりです。
 
電話相談の担当をするようになってから1年と少し、今年最後のこの局面で初めてのゼロ件を経験してしまいました。電話の前に控えていることも電話番の役目なのでしょうが、やはり目に見える結果を残せないのは精神的に厳しいものがあります。ばん回のチャンスが来年までないのもつらいところですね。
 


 
東京から帰ってきて、夜は年賀状の続きに取り掛かりました。宛名だけとはいえ、手書きで作成するのはなかなか手間がかかります。だからこそ価値があるのではないかと思いつつ、味はなくてもきれいな活字と、個性はあってもへたくそな手書きとでは、はたしてどちらがもらってうれしいのかという悩みがないわけでもありません。
 
私もいい大人なので、そろそろまともな字が書けないと恥ずかしいのではないかと思うことがあります。代書屋を名乗っているくらいですし……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です