開業2年目を振り返る

早いもので、開業してから2年目の事業年度が終わろうとしています。
 


年末ですね。
 
この局面でお金が動くこともなさそうなので、12月30日に早くも収支を計算してしまいました。原発賠償の収入がなかったら赤字です。来年も電話相談は続きそうですが、それに頼らなくても稼げる行政書士になりたいと願っています。
 
そのようなわけで、仕事量としては人並み以下でした。でも、やることはそれなりにあったような気もします。ホームページやブログに時間をかけていたからでしょうか。ただ、集客にはつながっていないので、どちらも遊びといわれてしまえばそれまでなのですが……。
 
それに対して、チラシは仕事につながりましたので、これからもしばらくは続けていこうと考えています。第2号の完成品も28日に届きました。年が明けて世間が落ち着いてから新聞屋さんに持っていく予定です。郵便局に置くかどうかは、いまだに決まっていません。
 
成年後見関連にもそこそこ時間を割きました。そのわりには、知識がまだまだ定着していないようです。1月の下旬にヒルフェの効果測定がありますから、それまでにはなんとかしないといけません。仕事が詰まっているわけでもないので、年明けから少しがんばってみるつもりです。専門サイトに成年後見のページをまとめられたら一石二鳥ではあるのですが……。
 
まあ、2年目としてはこんなものでしょうか。昨年よりは調子が上向いていますので、来年の今ごろはもう少しまともな報告ができるのではないかと期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です