初詣は由井東部で

元日の朝は6時半ごろに目が覚めたので、初日の出を拝むために長沼橋まで行ってみました。
 
到着したのは日の出時刻の数分前です。しかし、東の山に紫がかった雲が細くたなびいていたため、残念ながら御来光を拝むことはできませんでした。
 


まあ、これはこれで風流といえるのではないかと。でも、元旦はやはり丸いお天道様を見てみたいものです。もっとも、初日の出を拝もうとしたのは中学生のとき以来ではあるのですが……。
 
ちなみに、西の空はきれいに晴れていました。
 


真ん中のあたりに富士山が少しだけ見えます。
 
せっかく長沼まで来たので、長沼公園のふもとにある六社宮にお参りしてみました。
 


鳥居の上に苔があることによって、風格が増しているような気がします。
 
山の北側ということもあって、このあたりはとくに寒いです。田んぼも真っ白になっていました。
 
続いて北野の天神様へ。
 


学問の神様です。
 
ちなみに、向かって右側にある社殿は塩竈神社という安産の神様です。受験生は間違えないでください。
 
最後は地元打越の八幡様へ。
 


年々、飾りが増えているような気がします。
 
夜はかがり火を焚いていたようで、消し炭が残っていました。
 
こんな感じで、朝から地元の神社を巡ってみました。どこも人がほとんどいないので、落ち着いてお参りできるのがありがたいです。ただ、おみくじなどは売っていませんので、そういったものを求めている人は大きな神社へ行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です