十二支と八王子市

まだまだお正月ということで、十二支について考えてみました。
 
【子(ねずみ)】
子どものころは、家の中にもいたようです。最近は外でもめったに見なくなりました。
 
【丑(うし)】
野生のものはいないようですが、市内には牛を飼っている人がけっこういます。
 
【寅(とら)】
多摩動物園に行かないと見られません。映画の中でアル・パチーノが飼っていたとか。
 
【卯(うさぎ)】
片倉城趾で見たことがあります。野生だったのかどうかは不明です。
 
【辰(たつ)】
空想上の動物です。我々の心の中にいるようです。
 
【巳(へび)】
子どものころはたまに見かけたものですが、最近はとんと御無沙汰です。
 
【午(うま)】
滝山街道を走っていると柵の中にいるのを見かけます。近所にもいたそうですが、残念ながら覚えていません。
 
【未(ひつじ)】
意外と見かけないものです。もともと日本にはいないのでしょうか。
 
【申(さる)】
15年くらい前に恩方で見ました。電柱の上にいましたね。
 
【酉(とり)】
鶏を飼っている家は少なくなったようです。雀も見なくなりました。最近、八王子の駅前を飛び回っている鳥は、ハクセキレイというやつでしょうか。
 
【戌(いぬ)】
野良犬はいなくなりました。雑種もあまり見かけません。
 
【亥(いのしし)】
高尾にはいるそうです。近所にはいなかったはずなのですが……
 


どこから来たのでしょうか。
 
身近な動物にもいろいろと変化があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です