予定の管理は大切

昨年から手帳を持たなくなりました。スケジュールの管理は「カレンダー」というアプリを利用しています。少し前まで「iCal」と呼ばれていたものです。Mac、iPod、iPadのどれかに入力すればiCloud経由ですべてに反映されるので、状況に応じて端末を使い分けています。
 
ただ、それでもアナログな予定表もないとなんとなく不安になってしまうため、昨年までは日付の入ったホワイトボードを壁に掛けていました。机の背面にありながら、事務所で電話を受けたときなどは、こちらで確認することのほうが多かったような気がします。
 
これはこれで重宝していたのですが、使っているうちに文字が消えにくくなってしまいました。
 


まあ、開業当初に買ったものですし。
 
そこで、今年からは壁掛けのカレンダーを利用しようと考えていました。そして、近所のホームセンターで目をつけていたものを買おうかどうか迷っているうちに、手ごろなものをいただいたのでそれを使うことにしました。
 


来月以降はスカスカです。
 
買おうとしていたものに比べるとマスが小さめで、机から振り返って見ても内容がわかりません。ただ、あくまでも補助的なものと考えればこれでも十分です。
 
……と、記事を書くためにいろいろ考えていたら、カレンダーを机の正面に掛けることを思いつきました。これなら振り返る必要もありませんし、近いので内容も判別できます。
 
開業から2年弱、まだまだ新たな発見があるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です