ヒルフェの効果測定が近づく

気づいたらヒルフェの効果測定まで2週間を切っていました。最後の研修を受けて知識不足に危機感を持ったのが1か月近く前のことです。あれからいろいろあって、まったく勉強していません。さすがにちょっと不安になってきました。
 
いちおう、研修にはすべて出席しているものの、資格予備校のようなカリキュラムが組まれていたわけではないので、試験のためには自分でそれなりの対策をしなければならないでしょう。それはわかっているのですが、例によってなかなか気持ちが切り替わりません。
 
かりに、今回の効果測定で不合格になってしまったら、ヒルフェの会員としては成年後見の業務を受けられないようです。もっとも、合格したからといってすぐに業務が回ってくるわけではありません。また、ヒルフェの会員でなくても成年後見の業務を受けることはできます。ですから、その点に関してはそれほど気にしていません。不合格だからといって強制的に退会させられるわけでもないようですし。
 


ただ、「たいていの人は受かる」といわれている試験ですから、「仕事に追われて時間がない」などの事情があればともかく、そんなことはまったくないのに落ちるのはちょっと恥ずかしいです。
 
また、これから専門サイトに成年後見のページを作ったとしても、効果測定に合格できないような人の説明では、だれにも信用してもらえなくなってしまいそうです。
 
そのようなわけで、あと十日あまりは成年後見のことを中心に考えていこうかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です