不安定な状況で考える

実家に戻ってきてからは、バランスボールを椅子の代わりにしていました。ですから、行政書士試験の学習も、その大半をバランスボールの上でしたことになります。このブログの大部分もボールの上で書きました。そう考えると、「ボールは友だち」という感じがまったくしないわけでもありません。
 
もともとは、机に向かって居眠りしないようにと考えて購入したものです。ただ、じっさいにやってみたら、ボールに座ったままでも、机に伏して眠ることができました。ようは自分の意識次第ということでしょうか。
 
また、腰痛対策にもなるのではないかと考えていました。慣れるまでは逆に腰が痛くなったような気がするものの、現在ではとくに問題なく過ごしております。少なくとも、ボールのせいで腰痛になることはないようです。かといって、「座っているだけで腹筋が割れる」といった特典はないのですが。
 
そんな感じで何年か愛用していたわけですが、いつの間にか穴があいていたようで、残念ながら椅子としての用をなさなくなってしまいました。
 


よく、「机はともかく、椅子は無理してでも良いものを買うべき」という話を聞きます。たしかに、座り心地が集中力などに影響するのは事実でしょう。私もドイツやイタリアの機能的な高級チェアに憧れることがあります。しかし、バランスボールもなかなか侮れないものがあります。
 
そんなことをいろいろ考えた結果、高級な椅子は事務所を借りるまでお預けとすることにしました。
 
なにしろ、バランスボールだったら1,500円くらいで買えるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です