概要をつかもうとする

成年後見に関する解説を書くうえで知識をまとめておく必要を感じたため、全体的なことについて書かれている新書を読んでみることにしました。

著者の名前をなんとなく聞いたことがあったので調べてみたら、成年後見基礎研修の講師をしてくださった方でした。切れ味の鋭い話し方が印象に残っています。
 
この本には、成年後見制度を中心に、介護保険などの制度や社会資源をうまく活用することによって、高齢者や障害者の暮らしがより豊かになる可能性について書かれています。地域社会の重要性をあらためて感じました。
 


また、市民後見人を目指して介護施設で実習を受けた方の体験談なども紹介されています。日誌のような形式で現場の様子がよく伝わってきて、こちらも参考になりました。
 
著者の考え方に疑問を感じることもありましたが、多くの部分には共感することができました。ただ、本を読んで知識をまとめるという目標は達成できなかったような気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です