焦りは判断を狂わせる

きのうの記事を書いてからも、スキャナを買おうかどうか迷っていました。
 
現行の機種にはWindows版のAcrobatしか付属していないため、Mac版が出るまで待ったほうがよいのかもしれません。今すぐに必要なわけではないですし。
 
ちなみに、Amazon先生によりますと、先代の機種でMac版のAcrobatが付属されているものは、現行のWin版よりも少し高いくらいです。先代のWin版が1万円くらい安いことを考えると、やはり割り切れないものがあります。
 

このときは「4万:4万:3万」くらいだったのですが……。
 
しかし、旧版はすでに生産が終了しているため、ここで買っておかないと手に入らなくなる可能性が高いです。ためしにヨドバシのサイトを見てみたら、全店を通して残り1台になっていました。
 


そんなことを知ったら焦ってしまうのが人間というものです。
 
考えてみると、書籍の電子化をするつもりはないので、もっと低価格の商品でもよかったような気がします。そして、当分は新しいMac版が出ないことを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です