500円の価値を考える

前回の話題は、「iTunesの映画レンタル500円は高いかどうか」というものでした。
 
同じく一度の鑑賞である劇場の料金と比較しても、借りるときと返すときにビデオ屋まで行く手間を考えても、500円分の価値は十分にあるといえそうです。しかし、「データを借りて2時間ほど利用するだけ」と考えてしまうと、けっこう高く感じてしまいます。
 
500円といえば、最近では「ワンコイン・ランチ」というサービスが増えているようです。居酒屋のチェーンも参入してきているようで、都心へ行ったときに、数種類のメニューに絞って効率よく客を回転させているのを見たことがあります。
 


お昼は500円でお腹がいっぱいになる居酒屋さんでも、夜はお酒が一杯で500円です。どちらも合わせて商売が成り立っているのでしょうが、あらためて考えてみるとなかなか不思議な感じがします。
 
とりあえず、私はお酒をほとんど飲まないので、映画レンタルを積極的に利用してよいのではないかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です