経験から今後の展開を考える

行政書士として開業してから、もうすぐ丸2年になります。
 


アルバイトや派遣も含めると、これまでにいろいろな職種を経験してきました。どの職場でも、最初のうちは仕事がなかなか覚えられなくて苦労をしたものです。しかし、失敗を重ねるうちに、いつの間にか周りの足を引っ張らない程度にはなっていたような気がします。
 
そんなわけで、入社してからしばらくすると「長岡くん成長したね」という評価を受けることが多いのですが、それはおそらく、最初の印象があまり良くないおかげなのでしょう。
 
それはともかく、仕事を続けていると、自分でもなんとなく「伸びている」と感じる時期があるのは事実です。そして、行政書士としては、まだそういう感覚を味わっていないので、今年度こそ少し期待できるのではないかと思っています。
 
もっとも、頭打ちもわりあい早く、ずば抜けて仕事ができるようにはならないのが悲しいところです。2サイクルエンジンのパワーバンドのようなイメージでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です