積載量増加計画その2

その2 固定金具の取り付け
 
今回は、ボックスの台座を固定するためのステーを取り付けます。
 
カバーの上にステーを直接載せて重量をかけるわけではないので、間にスペーサー(アルミの筒)をかませることにしました。
 


ネットで長さ30mmのナットを使っている人を見つけたので、それに合わせてみました。ちなみに、ボルトの太さは8mmです。
 
カバーに開けた穴から通してみます。
 


60mmのボルトでは長すぎました。この後、50mmを買ってきたのですが、それでもまだ長かったです。ネジ穴が20mmくらいあるように見えたのですが。
 
ステーの位置を確認。
 


本体の穴は、横が120mmで縦が75mmくらいです。なかなか合うものがなくて苦労しました。今回は時間がないので、文字通り「間に合わせ」です。
 
またホームセンターへ行って、今度は40mmのボルトを買ってきてました。
 


どうやら、前に下がる構造だったようです。後ろのボルトにワッシャーを追加して調整することも考えましたが、箱が水平に近いほうがよいのではないかと考え、このままねじ込んでおきました。
 
横のステーも組み合わせてみます。
 


とりあえず、形にはなりました。
 
ここまでで作業工程の3割くらいでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です