積載量増加計画その3

その3 ベースの取り付け
 
続いて、前回作成したステーにボックスのベースを取り付けます。
 
一般的なキャリアであれば、製品に付属しているボルト類で簡単に取り付けられるでしょう。しかし、私の場合はそこまで考えて作っておりませんので、ベースも加工しなければなりません。
 


ステーを固定しているボルトが当たってしまいました。ベースの裏面には空間もあるので、運が良ければ避けてくれると思っていたのですが……。
 
仕方がないので、ベースをドリルで削ります。
 


見えなくなる部分とはいえ、ひどいものです。
 
ボルトを通す穴は、加工せずに済みました。裏から見ると、こんな感じになっています。
 


ステーがゆがんではいるものの、しっかりと固定されているようです。
 
本体と直に付いている縦方向のステーとは穴が合わなかったため、タイラップで縛っておきました。
 


気休めですね。
 
カバーを付けて完成です。先ほどのひどい仕事も見えなくなりました。
 


時間があればきれいに仕上げたかったところなのですが……。
 
ここまでで6割くらいでしょうか。次回が作業の山場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です