アナログ新聞の大切さに気づく

福島に来ても、あいかわらずインターネットに頼った生活をしています。
 
そんなわけで、「無駄にfacebookを開いてしまう……」という記事を書きかけたのですが、よく考えたら連休中にも同じような記事を書いたばかりでした。それほど変わらないということでしょうか。
 
テレビはまったく必要ないので、台を作業机にしてみました。
 


現在では、テレビをクローゼットの中に収納したため、足下にも余裕があります。
 
新聞については、それこそインターネットだけでもなんとかなるのかもしれませんが、これまでネットのニュースを読む習慣がなかったせいか、ほとんど情報を取り入れなくなってしまいました。週刊の中学生新聞だけでは心もとないので、こちらについては少し考えたほうがよさそうです。
 
家に紙媒体の情報が定期的に届けられると、とくに興味がなくてもなんとなく目を通します。やはり、これからも紙の新聞というものが完全になくなることはないのではないかと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です