Macの持ち運びを考える

9月の中旬までは福島で生活していきますが、原発賠償の相談担当などもありますので、月に一度は東京に戻る予定です。
 
そうなると、Macを持ち運ぶ機会も増えるでしょう。
 


福島まではスクーターに積んできました。
 
ただし、日常的に持ち運ぶわけではありませんので、重さよりも性能を優先してMacBook ProのRetinaモデルがよいのかなという考えに至りました。これならば、福島での作業も快適に進めることができそうです。
 
しかし、よくよく考えてみると、これまでMacBook Airを母艦として、それでもなんとかやってくることができました。それならば、これからもAirでなんとかなるのかもしれません。持ち運びに関しては、こちらのほうが楽なのも確かですし。
 
やはりもうしばらくはAirを使うべきなのでしょうか。ただ、円安が進むと輸入品の値段は上がってしまうので、為替の動き次第では早めの買い替えという選択もあるのかなという気はしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です