Windowsのことも少し考える

前回の記事にも書いたように、Macは福島まで持ってきました。しかし、WinPCは持ってきていません。
 
ノートPCとはいえ、いわゆる「モバイル」というやつではないので、長距離の持ち運びはつらいです。そこで、MacBook AirにWindowsをインストールしてくることも考えました。
 
Windows7の製品版は2万円くらいで手に入るようです。DSP版なら12,000円くらいなのですが、一緒にパーツを購入して、インストールする機種に組み込まなければなりません。こういうとき、SSDの交換はおろか、メモリの増設すらできないAirは不便です。
 


ただ、仕事でWindowsを使うとしたら、電子定款を作成するときくらいです。昨年度は支部の広報を作るときにも使っていましたが、それもなくなりましたし。
 
福島で定款を作成するようなことは、まずないでしょう。そう考えると、この数か月くらいはWindowsなしで生活してもよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です