行政書士と弁護士等

前回は、「他士業に喧嘩を売る迷惑な同業者」について書きました。
 
行政書士の中にはなぜか弁護士に対抗意識を燃やす人がいるようで、たまにインターネットなどで息巻いているのを目にします。なんとなく、司法試験崩れの人に多いような気もしますが、実際には会ったことがないのでわかりません。
 
たしかに、業務によっては、弁護士や司法書士と競合することもあります。しかし、それはあくまでもお客さんに業者を選んでもらうときの話であって、いざ裁判沙汰にでもなったら、我々行政書士は弁護士と同じ土俵に立つことさえできません。
 
だからといって、弁護士と比べて行政書士が卑しい職業なのかといったら、もちろんそんなことはなく、行政書士の職域の中でも社会の役に立てることはたくさんあるのも事実です。
 


アルバイトが作ったチェーン店の料理と修行を積んだ職人が作る料亭の料理を比べるようなもので、味(法律的素養)には差がありこそすれ、どちらも必要としてくれる人はいるのではないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です