原稿はチェックしてもらいたいが

チラシ第4号の印刷を発注しました。
 
けっきょく、初稿に少し手を加えただけでした。締切まではあと1週間ほど余裕があり、時間をかけて見直すこともできたのですが、「下手の考え休むに似たり」といいますので、だったら実際に休んだほうがよいだろうと思いまして。
 
塾屋でテストを作成していたときなどは、自分ではそれなりに考えて提出した原稿でも、けっこう直さなければならないことがありました。「選択肢の中で一つだけ抽象度が違う」といった、考えてもいなかったような指摘をされることもあり、原稿作成の難しさを感じたものです。
 
ブログにそこまでを求める気はないものの、解説サイトやチラシに関しては、公表前にだれかがチェックしてくれないものかと思うことはあります。しかし、そこは個人営業ですから、たいていのことは一人でやっていかなければなりません。
 
だからといって、いい加減な原稿でよいわけがなく、今回ももう少し推敲を重ねてもよかったのかなと、やや反省しつつ、こんな記事を書いてみました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です