連休を終えて思う

17日に先の1週間分をまとめて予約投稿しておいた結果、25日の夕方まで記事を書かずに過ごすことができました。このブログを開設してから約1年半、これほどの間隔を置いたのは初めてのことです。
 


休みに入る前は、1週間も空けていたら書きたいことが自然と貯まってくるのではないかと思っていました。しかし、実際に休んでみると、ブログのことなどすっかり忘れてしまったようで、話題がまったく浮かんできませんでした。
 
どうやら、ある程度は間隔を詰めて定期的に記事を書いていかないと、日常の中で気づいたことなどをまとめようという意識がなくなってしまうようです。
 
やはり、継続することが大切なのだなと、あらためてそう感じました。嫌々書くことも往々にしてありましたが、それでもなんとか続けてこられたのは、「書くのがあたりまえ」という感覚があったからなのかもしれません。
 
「それほど忙しくもないのにブログを続けられない」という人は、そのへんを意識するとよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です