犬の肉がうまければ羊の看板でいいのか

経営改善計画策定支援の研修初日、講義の速さに焦りを感じて、帰りに財務諸表に関する本を買ってみることにしました。
 

 
実際に1秒で財務諸表が読めるようになるとは思っていませんでしたが、財務諸表を見て瞬間的に重要な部分を見つけ出すコツみたいなものが書かれているのではないかと考えて選んでみました。続編も出ているので、それなりに評価されていたことがうかがえますし。
 
しかし、読んでみたら「1秒!」について語られているのは冒頭のみでした。ようは、「貸借対照表から流動資産と流動負債を見比べて当面の経営が大丈夫かどうか判断しろ」ということみたいです。
 


「流動比率」というやつですね。
 
あとは、「日本経済おもしろ話」でした。たしかに、なかなかおもしろい話が並んではいるのですが、そもそも財務諸表とは関係のない話も多く、翌日からの研修に直接役立つような情報はほとんどなかったような気がします。
 
せめて、損益計算書とキャッシュ・フロー計算書についても、1秒で読むポイントを書いてほしかったところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です