意識的に負荷をかける

日ごろあまり予定のない私ではありますが、先週末は一時的に忙しかったです。
 
金曜日は、東京で原子力損害賠償の電話相談を受けていました。夕方に溜池山王から新橋まで歩き、東京から新幹線に乗って福島へ。そこから土曜日の朝にかけて、別の電話相談を受けていました。ですから、あのときのけっこう長かった地震は福島市で体験しています。
 
寝袋で3時間ほど仮眠をとり、身支度を調えてから高速バスで仙台へ行きました。そして、午後から集会に参加してきたのは、前回の記事に書いたとおりです。
 
「若いうちの苦労は……」というわけでもないのですが、たまには自分に負荷をかけておかないと、甘えるばかりで精神力がどんどん衰えてしまうような気がします。そうなると、いざというときに力を出せなくなってしまうのではないかという不安を感じることもあり、今回は私にしてはちょっとがんばってみました。
 
帰りの新幹線がグリーン車だったのは、普通車との割引率の違いでお得だったからであり、けっしてぜいたくをしようとしたわけではありません。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です