社労士受験を続けるか(その3)

社労士試験から約1か月後に、中小企業経営改善計画策定支援研修が始まりました。
 


中小企業大学校に通ってみっちり勉強をしているうちに、いろいろと考え方が変わってきたようです。まあ、今のところまだ2週間だけなのですが、もともと影響されやすい性質(たち)なもので。
 
しっかり勉強して経営革新等支援機関に認定されれば、そこにBCP策定やプライバシーマーク取得の支援を業務として組み合わせることによって、行政書士の資格だけでも勝負していけるような気がしてきました。
 
ただ、社労士の資格も取れれば、企業と接触する機会が増えるのもたしかでしょう。何年か経ってから「やっぱり資格が欲しい」と感じたときに、後悔することになるかもしれません。
 
しかし、それなりに対策をしたとしても、また難問にぶち当たって足切りを食らう可能性があります。
 
そのようなわけで、しばらくは空いた時間に一問一答を解く程度にしておいて、直前期にその気になったら、また集中して勉強してみようかなと考えている今日この頃です。(おわり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です