知的資産経営も意識する

研修センターの委員として、知的資産経営の研修を撮影してきました。
 
そういう分野があることは知っていたものの、少し前まではあまり興味を持っていませんでした。正直に申しまして、仕事にはならないと思っていたものですから。
 
しかし、中小企業支援の勉強を始めてから、そのへんの業務にからめていくこともできるのではないかと考えるようになってきました。ですから、このタイミングで撮影の仕事が入ってくれたのは、かなり好都合なことでした。
 
そんな感じで、撮影をしつつ講義を聴いてきたわけですが、やはりまだ需要は低いようで、金融機関からの評価もあまり高くはないのではないかと感じました。ただ、災害などで会社の設備が大きな損害を受けたときに、最後に残るのは知的資産というお話でした。
 


「人は石垣、人は城」ということでしょう。
 
そうなると、BCPを策定する際に知的資産の整理もすることによって、より効果の高いものを作ることができそうです。
 
そのようなわけで、これからはこちらの分野も意識していこうと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です