また会社法のお勉強をしてくる

先週に引き続き、日曜日は御茶ノ水の明治大学まで行って研修の撮影をしてきました。
 


今回は「会社法2」です。先生は先週と同じ方でしたが、テーマは「詐害的会社分割」「敵対的企業買収」「取締役の責任」の3つということで、行政書士の世界からは遠ざかってしまったように感じました。
 
たしかに、会社法を勉強していると、会社の分割や取締役の責任といった話題を目にすることがあります。また、財務諸表に関連した本を読んでいると、企業買収の話がたまに出てきます。
 
しかし、行政書士として企業とお付き合いをしている中では、そういった案件に出会う機会はそうそうないでしょう。かりに出会ったとしても、「詐害的」とか「敵対的」とかいわれてしまったら、行政書士には手を出せなくなってしまいます。
 
そのようなわけで、今回は純粋なお勉強と割り切って講義を聴いてきました。学生のような気分が味わえて、それはそれでなかなか充実していたような気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です