甘い計画を立ててみる

事務所の移転もだいぶ現実的になってきました。
 


打越町内での移動になるかもしれません。
 
事務所を借りるとなると、やはりそれなりにお金がかかりますので、思い切って借入の申請もしてみることにしました。以前の記事にも書いたように、経験を積むのも目的の一つです。
 
事業計画書については、日本政策金融公庫(外部リンク)の「創業計画書」などを参考にして作っています。創業時には存在すら知らなかったのですが……。
 
いちおう、これまでの経験を踏まえて、売上、利益、そして資金繰りの計画を作ってみました。さすがに「目標売上1,000万円」みたいに大ざっぱなものではないものの、売上予測の根拠が弱いのでかなりぶれそうな気はします。金融機関が嫌うパターンではないかと……。
 
私としては、事務所を借りることによって業績が激変するのではないかと考えているのですが、そのへんの見通しの甘さが、現在の壊滅的な状況を招いたのではないかと思わないこともない今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です