四半期振り返り(2013年冬)

10月から12月を振り返ってみます。
 


すっかり寒くなりました。
 
収入の発生する仕事としては、原発賠償の相談業務と研修センターの打ち合わせなどが月に数回ずつあった程度でした。福島には週末を利用して月に一度のペースで通っていましたが、こちらは交通費と報酬でほぼ相殺といったところです。
 
ちなみに、行政書士としての新たな仕事は1件もありませんでした。福島にいたころに電話などで相談を受け、八王子に帰ってきてから話を進める予定の案件もいくつかあったものの、けっきょくどれも受任には至っていません。どうやら、時機を逃したようです。
 
この四半期で印象に残っているのは、やはり中小企業支援の研修でしょうか。9月30日も含めると20日間の研修でしたので、ほぼ1か月を費やしたことになるわけですが、それだけの価値はあったかなと感じています。
 
次の四半期にいろいろと準備をして、4月あたりからが勝負になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です