やはり行政書士にはWindowsが必要なのか

今年は事業者向けのサービスに力を入れていこうと考えています。
 
遺言の作成補助や相続の手続きといった個人向けのサービスであれば、Macだけでも問題なく対応できていました。しかし、電子定款の認証を始めとした申請用のソフトについては、そのほとんどがWindowsにしか対応していません。
 
そのため、現在もいちおうノートPCを持ってはいるのですが、何かにつけて動作が遅いこともあって立ち上げることは少なく、机の上でかなり粗末に扱われています。
 


だから調子が悪いのかもしれませんが……。
 
どちらにせよ、本格的に使うなら大きな画面でないと厳しいのではないかと考え、お正月から八王子のヨドバシまで行って店員さんに相談して、パーツを集めて自分で組んでみようとしました。しかし、今どき自作は流行らないようで、パーツの選択肢がほとんどなかったため、簡単に諦めることにしました。
 
そのようなわけで、今はメーカー製のビジネスモデルにしようかなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です