原発賠償について51

先週、東京電力から「避難生活等による精神的損害(要介護者さま等への増額)に係る賠償について」という発表がありました。(リンク先は東電HP)
 
以前から、原発ADRにおいては、避難生活を余儀なくされた要介護者や、要介護者の世話をしながら避難生活を送っていた人たちに対して、精神的損害に対する賠償の増額を認める和解案が出ています。
 
しかし、東電の用意した請求書による請求、いわゆる「直接請求」においては、要介護者も含めて精神的損害に対する賠償は月額10万円と決められていました。今回の発表によると、これからは申立をしていない人に対しても増額して支払われることになったようです。
 
プレスリリースに「原子力損害賠償紛争解決センターにおける和解事例等を踏まえ」といったことが書かれたのは初めてなのではないでしょうか。
 
申立件数は依然として増え続けていますので、今後も同じような展開になるケースが出てくる可能性もあります。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です