相談員向けの研修を受ける

先週末、福島で相談員向けの研修を受けてきました。
 


福祉系の電話相談を担当するのは月に一度だけとなりましたが、関わっていく以上はなるべく相談者の役に立てるよう、少しでも自分を高めていけたらと考えています。原発賠償の相談員を担当するときや、行政書士としてお客様の相談を受けるときにも、学んだことを活用することができるでしょうし。
 
今回の講義も、「相談にあたっての基本的な姿勢」や「相談員が陥りやすい傾向」などをあらためて考えるきっかけになりました。これまでに何度も見たり聞いたりしているはずなのですが、どうしても時間が経つと意識が薄れてしまうようです。
 
やはり自動車などの点検と同じように、定期的に振り返りをしていくことが重要なのだとあらためて感じました。
 
完成も正解もない(不正解はある)世界ではありますが、これからも機会があれば研修などに参加して、いろいろと学んでいきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です