窓辺に広告物を置く

先週の記事で紹介したロールスクリーンの木枠は、木ねじや釘で固定していないため、内側へ力が加わると崩壊するのではないかという心配がありました。もっとも、固定されていたとしても、全体が室内側に倒れてきたらおしまいなのですが。
 


まあ、それは考えないことにして、少なくとも内側へは動かないように、中断に横の桟(さん)を通してみることにしました。組み直す手間を嫌って、組み付けたまま彫刻刀でこつこつと作業です。かえって手間だったような気もしますが、それも考えないことにしておきます。
 


せっかくなので少し広めの板を使い、そのうえに小さな物を置けるようにしてみました。
 


自宅の部屋で眠っていた招き猫も、これからは活躍してくれるのではないでしょうか。
 


通りに面したガラス窓なので、ここをうまく利用して「あそこで何かやっているな」という雰囲気を出していけたらなと考えています。
 
そんなわけで、まずはMac OSXシリーズを集めてみました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です