知的資産マネジメントを学ぶ

今回も同業の先輩から先輩から紹介された本を読んでみました。知的資産マネジメントに関する本です。
 

 
商品やサービスからさかのぼって、それが評価されている原因である「強み」を探っていく手法など、なかなか参考になることも書かれていました。
 
ただ、後半はどちらかというと学問的な色が強かったような気もします。企業の中で知的資産経営報告書をまとめる担当になった人が勉強のために読む本というよりも、知的資産経営に興味を持っている人が研究のために読むような本なのではないかという印象です。
 
とはいえ、実際に知的資産経営報告書を作成するときに注意すべき点なども説明されていますので、実践の役には立たないというようなことはないと思われます。また、専門家として作成の支援に関わるのであれば、こういった本も読んでおいたほうがよいだろうとは感じました。
 
いかに「無形」といえども、我流では限界がありますからね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です