バス通りに広告物を置く

今回は、バス通りに展示してある広告について書いてみます。
 
最初はチラシの設置が目的でした。しかし、パンフレットスタンドだけでは寂しいので、同時におしらせも表示してみようと考え、ブラックボードと台座付きのイーゼルを購入しました。
 
最初に設置したのは3月12日のことです。
 


ボードが風で飛ばされないように裏をゴムで固定しておいたところ、設置から1時間ほどでイーゼルごと倒されてしまいました。おかげでいきなり傷だらけです。
 
しばらく屋内に退避させ、プラ容器に水を入れるおもりを購入してふたたび設置することに。しかし、「わざわざ引き出しを開けてチラシを持っていく人などいるのだろうか(反語)」という私の予想が見事に的中しました。
 
そこでパンフレットスタンドを導入。相談会のチラシを前に出したかったのですが、コピー用紙は風に弱いので後ろに配置しています。
 


この状態でしばらく様子を見ていたところ、5月に入ってから強風でおもりごとひっくり返される事件が続いたため、台座を外してボードの位置を下げることにしました。
 


苦肉の策というやつです。
 
しかし、スタンドがあるとはいえ地面に直置きでは体裁が悪いので、クリアファイルを加工してチラシをセットできるようにしてみました。
 


裏から見るとこんな感じです。
 


やはり手作りの雰囲気がうちの事務所らしくてよいのではないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です