更新頻度を下げてむしろ疲れる

1か月ほど前から、ブログの更新頻度を週5本から少し落としてみました。ここ数週間は月水金の3本だけになっています。
 


最近になって、サイドバーにある「人気記事」の閲覧数が、平均的に以前よりも少なくなっていることに気づきました。
 
もっとも、アクセス数は下がっていても、ホームページからの集客にはまったく影響がないようです。なにしろ、もともと限りなくゼロに近い状態でしたから。
 
それはともかく、更新頻度が下がればそれだけ中身が濃くなるのではないかと期待していたのですが、そちらも思っていたような効果はありませんでした。むしろ、投稿が少なくなったことによって、記事を書くという行為と日常生活との間に少し距離が開いてしまったようで、心理的な障壁は高くなったような気がします。
 
……と、なんとなくそれらしいことをいってみたのですが、単純にブログを書くことに飽きてしまったのかなと思わないでもない今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です