自転車を修理する

海の日なので、今回は自転車修理の話です。
 
壊れたのはちょうど1か月前のことでした。事務所を出た途端にペダルが回らなくなりました。振り返ってみると後ろの変速機(リヤディレイラー)が外れて泥よけに巻き込まれています。
 


フレームが割れて再起不能になったのかと焦りましたが、よく見てみたらディレイラーの取り付け部分が割れているだけでした。
 


メンテナンス不足でしょうか。
 
今から思うと、ディレイラーの交換が正しい選択だったのかもしれません。しかし、交換不可能だと思い込んでいたので、シングルスピード化を進めてしまいました。
 
 

特殊工具も買いました。
 
分解している途中でディレイラーを交換できることに気づいたのですが、そのときはすでにパーツを注文した後でした。
 


「男とはなんぞや?」と問いたくなるのは気のせいでしょうか。
 
前のギアも一枚だけにして、変速機を取り外しました。歯車(クランクセット)の交換は経済的事情により見送りです。
 
 

ボルトが意外と高かったです。
 
泥よけやスタンドも取り外して軽量化を図りました。チェーンも新しくしたのでなかなか快適です。しかし、仕事に使うのはちょっと難しそうですね。
 
 

サイトを見ている方から「こころの風景」を募集して、この自転車で巡って旅日記を連載する企画も頭に浮かんだのですが、だれからも手紙が来なかったら寂しいのでやめておくことにしました。
 
そんなわけで、下り坂専用と考えて、北野駅方面へ急いでいるときなどに使おうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です