行政書士でも相続税・贈与税・事業承継税制を学ぶ

東京都行政書士会の研修を受けてきました。テーマは「相続税、事業承継税制等の概要について」です。
 


「事業承継税制」については、FP受検のときにさらりと勉強はしたものの、難しくてよくわからなかった苦い思い出があります。税理士さんに聞けばよいだろうと考えて、当時は深入りしませんでした。
 
あれから2年ほど経ち、中小企業支援に関する研修などでいくらか知識がついてきたので、あらためて勉強してみることに。
 
内容としては、税務署の発行しているパンフレットの解説がほとんどでした。しかし、一人では細かい部分まで読む気になれないでしょうから、一緒に読んでくれるだけでもだいぶ助かったような気がします。
 
個人を対象とした相続税と贈与税については知っている内容がほとんどでしたが、「贈与税の特例税率」や「小規模宅地の特例が居住用と事業用を合わせて730平米まで適用可能に」という改正は見落としていました。
 
また、相続税の申告書を見ると各種の特例や控除が並んでいるので理解しやすいことにも気づきましたので、それなりに収穫があったかなと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です