「相続財産・相続税法」と「遺言作成の実務」の研修

2週連続で総合研修の運営を担当しました。「相続財産・相続税法」と「遺言作成の実務」です。
 


「相続財産」の講師は税理士さんでしたが、同時に東京都行政書士会の副会長ということもあり、総合研修にしては実務的な内容が多かったように感じました。「会員が相続の仕事をしていけるように」という思いが強かったのではないでしょうか。
 
「遺言作成」は、元公証人の先生でした。豊富な事例を再現コント付きで解説してくださり、なかなか楽しませてもらいました。
 
在留外国人の遺言などは、これから増えてくる案件なのかもしれません。そう考えると、入管業務を扱う気がなくても、基本的なことは勉強しておいたほうがよさそうです。
 
また、これまで夫婦遺言はあまり意識していなかったのですが、一連の流れをサポートするサービスを用意すれば、それなりに需要があるのではないかと感じました。
 
そのようなわけで、今回は実務的な面での学びが多かったような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です