行政書士業務とBCP策定支援について研修で学ぶ

先日、東京都行政書士会主催のBCPに関する研修を受けてきました。テーマは「行政書士の業務と繋がるBCP策定支援」です。
 
講師はBCP研究会の座長を務める塩田先生でした。危機管理産業展2012で「建設業におけるBCP策定のポイント」という講演をされていたのを覚えています。
 
あれから約2年が経ち、BCPに関する知識はそれなりについてきた気がしますが、講師の塩田さんが日ごろから情報収集や関係者との交流を積極的に行っている様子を垣間見ているので、何かしら新しい情報が得られるだろうと期待して受講してみることにしました。
 


資料が厚いです。
 
タイトルの「行政書士の業務と繋がる」という部分に関して、さすがに引き出しの多さを感じました。業務として扱う会員が増えれば、「BCP=行政書士」というイメージに持っていくのも夢ではないのかもしれません。
 
今回の研修で得た情報も、今後に生かしていきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です