認定支援機関向けの研修でマーケティングを学習する

土曜日の朝から新宿まで行って、認定支援機関向けの研修を夕方までみっちり受けてきました。
 


テーマは「経営改善計画の策定・売上拡大支援」です。中小企業の支援者に向けた研修ではありますが、その前に自分の事務所の売上をなんとかしたかったもので、そのヒントが得られるのではないかと期待して受講してみることに。
 
講師は中小企業診断士さんでした。専門はマーケティングのようで、今回はそのあたりのお話が中心でした。
 
参加者は30名ほどだったでしょうか。私の班は、税理士さんが3名と、私以外に行政書士が1名でした。グループワークでは3C分析とSWOT分析、そしてクロスSWOT分析までを疑似体験しました。
 
3CとSWOTのつながりを意識して考えられたのが収穫だったような気がします。ただ、認定支援機関になるために受けた理論研修と実践研修に重複する部分も多かったように感じました。考えてみると、ほとんどの税理士さんは研修を受けずに支援機関の認定を受けているので、このへんの知識を基礎から学習する場が必要なのかもしれません。
 
まあ、よい復習にはなりましたが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です